TOP>常福寺について>永代供養納骨塔「阿字の子塔」

永代供養納骨塔「阿字の子塔」

宗教法人「常福寺」が管理・供養する共同納骨塔です。

宗旨・宗派は問いません。

お骨は五輪塔の下に、仏の子の命としてお祀りいたします。

故人の俗名・戒名・忌日・行年等を銘板に刻み、五輪塔のまわりに掲げます。同じく本堂内の過去帳に録し供養いたします。

「阿字の子塔」使用規定

1、阿字の子塔に、永代供養納骨、又は永代供養を申し込む者は、「阿字の子塔 納骨・供養申込書及び承諾書」を管理者に提出しなければならない。

2、一霊永代供養納骨料   20万円以上

  永代管理料        10万円

  銘板制作料        3万円

3、2の金額が納付されたとき納骨の許可をし、永代供養証を交付する。但し納骨するには、火葬許可証もしくは埋葬許可証が必要である。

4、申込人は身分を証明するものを持参すること。

5、生前に予約申し込みしてもかまわない。

6、分骨納骨、先祖代々の永代供養として、又は水子供養として申し込んでもよい。その場合でも過去帳に録し供養する。

7、連絡先を登録しておけば、法要の案内をする。

8、お骨は納骨後、取り出すことはできない。

9、納付された永代供養納骨料、永代管理料、銘板制作費は返還しない。

10、前条に定めのない事項については、宗教法人常福寺が定める。


阿字の子塔
 
阿字の子塔前の観世音菩薩
       

戻る